タイで海外生活実践編

好きで住んでいるわけではないのですが、なぜかタイに住み始めてしまった

外こもりとは

一昔前は物価の安い海外で働かずに生活する事を「沈没」と呼んでいて、主に長期滞在のバックパッカーが長旅の途中でその土地のゲストハウス等に居着いてしまう状態を指して使っていました。

沈没生活をする為にわざわざ海外に行くということが一般的でなかった時代の言葉ですね。

しかし、最近では物価の安い海外で少ない資金を有効活用しようという人が増え、新しい価値観と共に自らこの様な生活スタイルを選択する人が増えています。

旅の途中に居着くというわけではないので、「外こもり」という言葉が使われ始めたのだと思います。

この「外こもり」という言葉もかなり聞く人によってニュアンスが違う様に感じます。

 

引きこもり型の外こもり

日本で自室に引きこもるよりも物価の安い海外で引きこもったほうがランニングコストが安いため長期間の引きこもり生活ができるという理由で滞在する人。

 

ほとんどの人が外こもりをしている人をこの様な生活をしている人と思っているでしょう。

しかし、私は実際にこういう人と出会ったことがありません。

なぜなら、本当に引きこもっている人はアパートから出ることが極度に少ないので出会わないのだろうと思います。

引きこもり型の外こもり生活者は、実際のところ他人とコミュニケーションを取るのが難しい人が多いですので、そういう人が言葉の分からない海外で生活できるのかはちょっと疑問です。

 

半労型の外こもり

日本で半年間だけ工場などで仕事をして貯蓄し、その金で残りの半年を物価の安い海外で遊んで暮らす。

 

こういう生活スタイルの人は昔からいるのですが、遊んでいる半年と地獄の工場労働とのギャップが多きすぎて、長年続ける事は難しいと思います。

言ってみれば、青森のリンゴ農家の人の出稼ぎに似ているかもしれません。

 

パソコンを使って日本の仕事をする外こもり

インターネットの発達により、日本に住み仕事をする必要がない人は海外で住んだほうが、より多くの貯蓄もできます。別名海外ノマドという呼び方もあります。

 

一昔前では考えられなかった生活スタイルですが、パソコンさえあればこうした生活は可能な時代ですが、この様な人は外こもりという定住タイプ以外にも旅をしながら仕事をするというタイプの人のほうが多いような気がします。

貯蓄を削って生活するよりは少し建設的かもしれませんね。

私はこのジャンルに分類されます。

 

投資型外こもり

株やFXに投資し、得た利ざやで生活するという人たち。

 

例えば物価が日本の1/3の国に住んでいた場合、利益確定を日本にいる時の1/3でしたとしても同じ生活ができるので、投資リスクが1/3になるという投資スタイルが可能になります。

このような人は結構いたのですが、2008年のリーマン・ショックの時に多くの投資をしている外こもりが帰国を余儀なくされたそうです。

最近の円安・株価高騰で再度こういうタイプの人が増えてきている様です。

 

この様に外こもりにもタイプが様々ありますが、基本的な考え方は少ない資金で長く生活するというのが外こもりの定義になるのではないかと思います。

 

外こもりの生活費

「外こもりをするにはどのくらいの生活費が必要なのか?」

よく聞かれる質問ですが、これも千差万別で3万円で生活できる人もいれば、20万円あっても足りない人もいます。

日本でも10万円で生活している人がいますし、100万円で生活している人もいますので、どれだけあれば生活できるのかというのは答えにくい問題です。

しかし、タイで言えることは、女遊びをしたい人は多めの予算が必要ですし、そうでない人はほとんど金を使いません。

例えば5万円でバンコクで生活しようとすると、少しみすぼらしい生活は避けられないのですが、田舎に行けば驚くほど家賃が安かったり、食べ物の物価も安かったりしますので、地域によって生活費は大きく変わるでしょう。

他人が言うところの「〇〇円は無いと絶対に無理!」というのはあまりあてになりません。

 

日本と同じようなレベルの生活ができるのか?

たまには日本食が食べたいからとか、そういうレベルで答えるとYESという答えになるのですが、そもそもタイで日本食を食べると日本と同じような金額設定ですので、物価の安い海外に住む必要がないと思います。

日本と同じレベルの国は間違いなく物価が高いですので、外こもりをしていられないでしょう。

つまり、外こもりは物価の安い国で少ない資金で生活する事をいとわない人しか出来ないと言って良いと思います。

更新日:

Copyright© タイで海外生活実践編 , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.