バカなアメリカ人が日本を誤解し、広めている事実 hate America

2016年2月29日

日本ほど海外から誤解されている国も無く、誤解の根拠を作っているのが、欧米人の勝手な思い込みと判断と言えちゃうのです。

特にアメリカ人のアフォさ加減は常軌を逸していて、自分がサラッと見たものを満額で正しいと勝手に判断し、国に帰って言いふらすというとってもキュートなおバカさん達です。

こんな愛すべき低能偽善者のアメリカ人が今までやった悪行と、誤解された日本の例をご紹介しましょう。

 

日本人はいつも謝っている

「なぜ日本人はすぐに謝罪するんだ?」

これに関して、アメリカは訴訟大国だから謝罪をすると敗訴の原因になるからと理解している人がいますが、これも嘘で、実はもっと簡単なところにあります。

 

すみません

日本人がよく使う言葉ですが、これは単に「ごめんなさい」という意味で使っているでしょうか?

もちろん謝罪の意味もありますが、「エクスキューズミー」と同じように使われる事が多いですよね、混んだ電車から降りる時、「すみません、降ります。」こう言われたら、日本人であれば、謝罪の意味で受け取る人など皆無です。

以前、大阪から高速バスに乗った時、隣の乗客のおじさんの荷物を棚に上げてあげたのですが、その時、そのおじさんは、「これは、これは、すみません。」と言っていました。

こう聞くとどう感じるでしょうか?「すみません」に「ありがとう」が内包されている様に思わないでしょうか?

シチュエーション、伝え方で「すみません」は意味が変化するのです。

私は日本にいる時、この言葉があまり好きではありませんでした。

感謝するなら「ありがとう」謝るなら「ごめんなさい」と言った方が良いと思っていましたが、久しぶりに日本に帰ってきて、この言葉を聞くと、非常に気持ちが良いのです。

「すみません」というひとつの単語にいろいろな意味が含まれている。

まるで詩の様な素晴らしい言葉に聞こえました。

まあ、はっきり全部言わないと伝わらない言語構造の英語なんて使っている国の連中にはこういう情緒が分からないから単にひとつの意味にしか感じ取れないのでしょう。

 

ガイジンは差別用語

戦後、日本も多くの外人が集まるようになり、英語表記が必要になってきましたが、外人に対しての使われ方が「FOREIGNER」や「ALIEN」というものが多かったのです。

日本や中国の文化を見ると、場所の観念を内、外で表すことが一般的です。

沖縄や本土の離島の人は、本土の事を内地と呼んだりします。

つまり、英語の「FOREIGNER」や「ALIEN」は外の人、つまり外人で正しいのです。

しかし、欧米の連中はこの「FOREIGNER」や「ALIEN」に疎外感を感じるらしく、自分が区別されている様に勝手に感じ、外人という言葉が差別だと言い始めた時期が確かに昔ありました。

日本人が差別感情を持って「外人」と言っているかというと全くそうではなく、その証拠にお年寄りがよく使う言葉、「外人さん」これを英語に訳してみるとわかるでしょう。

ミスターフォリナー

もっとわかりやすく、差別的意味合いを含めてやってみましょう。

ミスターヤンキー

こんな言い方をする人なんて皆無です。

差別用語に親しみを込めて、外人さんと言っているわけがない、つまり外人は差別用語ではないのです。ホントの差別用語を使うなら、毛唐などと言いますし、「毛唐さん」なんて言ったら日本人が聞いてもおかしいですよね。

不適切用語にしたは、勝手に差別だと判断し、勝手に傷ついたバカな外人の為に言葉を変化させ外国人にしただけです。

その証拠に、空港に降り立ったとき、Japanese Non-Jpanese に入国審査の看板が分かれているはずです。ここまで傷つきやすいバカの為にやってやっている日本人ってほんと素敵。

「外人」は実際差別用語なのか?

NHKを見るとよく分かりますが、インタビューを受けた人が、「外人の方が…」とか言っていてもカットしません。あのNHKですら放送禁止用語にしていないのです。

勝手に差別だと判断し、世界に吹聴し、日本人は外人嫌いだという嘘を広めたのもアメリカ人が最初です。

 

なぜ日本人は他人と同じでなければならないのか

日本人は画一的で、他人との違いを恥じるとネガティブな意味で外人は印象を持っていますが、実際には日本人ほど違いを許している民族はいません。

神道を見ればよく分かるでしょう。

八百万の神というのは全ての物に神が宿っているという観念です。木にも花にも全てです。

とにかく全てなのです。

神道は宗教ではないという方がいますが、実際にはそれに近いものがあり、宗教は「教え」が無ければ成立しないのですが、神道は神を感じ、自ら考え、答えを探求するものですので、ほとんど哲学です。

なぜ神道だけがイスラム教・キリスト教の様に「教」を使わないかがよく分かるでしょう。

柔道、剣道など「道」を使うものは、それを使って自らの生き方を探求するという意味で、単にスポーツでは無いのです。

つまり、神道も神を感じ、それに対して自分の生き方を探求する物であって、他の宗教の様に、価値観を押し付けたりはしません。

他人の宗教を認めている宗教なんて他にないでしょ?

この日本人にしか理解できない感覚をまたバカなアメリカ人が知ったかぶりで発表していました。

どうして?と聞かれているので答えると、人と違うことが恥なのでは無く、人よりも劣っていたり、人を傷つけたり、人の道に外れている事が恥なのです。

簡単に言えば、タイの店で絶対に必要な物は計算機です。

タイ人は学校にまともに行っていない人が非常に多く、計算機が無いと簡単な計算もできません。

100バーツの物を3つ買ったらいくらになるかを計算機を使う人もいます。

しかも、100+100+100と打ち込んでいるのを見ると驚愕することもあるでしょう。しかし、これが普通なのです。

タイで簡単な計算ができなくても特段恥ずかしい事はなく、ごく自然の事です。

しかし、日本でこんな計算が暗算でできなかったらどうでしょうか?間違いなく仕事もなくなりますし、友人すらいなくなるのではないでしょうか?

レベルの高い国だからこそ、バカだと目立ってしまう事、それはアメリカ人は恥ずかしくないのかもしれませんが、日本人にとっては国辱物の恥です。

・他の人はゴミを自分で片付けるのに、ひとりだけ適当に捨てている人。

・他の人は車をきちんと駐車スペースの枠に入れているのに、斜めに入れて平気な人。

・みんな順番待ちをしているのに、割り込みをする人。

こんな事を日本ですれば、「どうして他の人はきちんとしているのに、同じことができないんだ。」と思わないでしょうか?

他人と同じことができない欧米人、特にアメリカ人は日本人から見ると非常に劣った無作法で無教養な人間に見えるのです。

それが恥ずかしくないのだから、「どうして日本人は」という言葉が出るのです。

 

日本の風習や文化を揶揄する外人、特にアメリカ人は基本的に態度が横暴な人間が非常に多いと言えます。

アメリカは一番強いという傲慢な考え方が根底にある為、自分以外の習慣を持つ国を見下す傾向にあります。しかし、実際には、アメリカ政府のプロパガンダを頑なに信じ、自分の国の首都がどこにあるのかも分からない国民が50%もいる非常にバカな国で、差別主義の薄っぺらい国民ばかりと言ってよいのです。

 

アメリカ人は北朝鮮と大して変わらない

アメリカ人ほど馬鹿な人間はいないとなぜ言い切れるのか、それは自分で物事を考える力が殆ど無いからです。

例えば、なぜアメリカは原爆を日本に落としたのか?

ほとんどのアメリカ人は、「ソ連が日本に侵攻しようとしていた為、早期に戦争を終らせる為に仕方なかった」と頑なに信じているのです。

アフォでしょ?あふぉ。

1945年2月、ヤルタ会談でソ連に対し、「日ソ中立条約なんて破棄して、早く参戦してちょ」って言っていたのをアメリカ人はほとんど知りません。

さらに、こんな事を聞いたことが無いでしょうか?

「アメリカ政府は、京都は古い文化財が多くあるので原爆投下予定地から外された」

日本人でもこれを信じている人がまだいるのですが、当時の機密文書には、「原爆を投下するまでは、京都、広島、小倉、新潟を攻撃してはならない」と記されています。

原爆の効果を知るために、無傷の状態にしておきたかっただけ。

簡単にいえば実験ですよ、実験。

京都の文化財を守りたい気持ちなんてさらさら無いというのが本音です。くそイエローモンキーが作ったものなんて、原爆一発で気持よく無くしてやるぜって言うのが当時のアメリカの考え方です。

それを言うに事欠いて、日本の文化を守るために標的から外したとか、ヘソで茶が沸くとはこの事。

こういうプロパガンダを信じているアメリカ人ってホント多いんですよ、年寄りとか右左翼の極端な連中が信じちゃうのは分かるけど、一般的なアメリカの若者も漏れ無く信じちゃってます。馬鹿だから。

こんな洗脳をしている国って、近場では北朝鮮ですよね、それとアメリカなんて大して変わらないという事です。

 

アメリカ人は価値観を押し付けてくる

偽善者国家で頭の悪い国アメリカは、自分の国が世界で一番だと考えています。そして、薄っぺらい人間性で自分は良いアメリカ人だという事をアピールしてきます。

アメリカ人の殆どは、差別が嫌いだとか、無くさないといけないとか言ってますが、嘘ですから。

アメリカの大統領選に出馬している、差別発言満載のトランプがなぜあれだけ人気なのか?それだけを見れば分かるでしょって。トランプが人気なのは、彼らの代弁をしているからです。

アメリカ人は口では差別はいけないとか言いますが、自分でも気づいていないところで差別主義者です。まあ、平たく言えばクズ人間です。

そんな手前の事もよく分かっていないアメリカ人がよく言う事を書き出してみましょう。

 

・なぜ日本人は「箸が使えるの?すごいとか言うんだ?」

お前らは数十年前まで箸を使うアジア人を徹底的に蔑み、バカにしておいて、「なぜ?」じゃねーんだよ、お前の親がしてきたことを聞いてみろ、クズ。

 

・ジャップは差別用語じゃない

単に短くしただけで、なぜ差別だと言うんだ?こういうアフォがいるのですが、手前らが散々差別用語として使ってきておいて、自分はそういうつもりで言っていないから、勝手に傷ついているお前らが悪いんだと言ってきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんなら、ガイジンってこれからも言う事にするね。お前らが勝手に傷ついているだけだからさ。

 

一昔前は憧れの象徴だったアメリカですが、現在では単にクソダサイ国に成り下がってしまった感が半端ないですね。

2016年2月29日外国人, 気をつけたいこと