どうせタイに行くなら台湾経由がおすすめ

格安航空券というとHISというイメージが私にはあるので、毎回旅行の時にはお世話になっていたのですが、いつも疑問に思うことがありました。

おっ?!結構安い!と思って予約を入れようとすると必ず売り切れになっているのです。

直接電話をすると、毎回「予約が殺到していてもう無いのですが、」と2万円くらい高い金額を提示してくるのです。

仕方ないかなっていつも予約していたのですが、ちょっと言いくるめられている感が半端無かったので自分で探して見ることにしました。

まず利用したのは「SKYGATE」というサイトなのですが、HISより2万円安い金額でチケットを手に入れることができるようです。しかし、必ず最安は中国東方航空で上海トランジットなんです。

やっぱりあれじゃないですか?言ってみても中国じゃないですか?反日国家じゃないですか?

こんな国に貢献してやる必要は全く無いので親日国としても知られる台湾にお願いしたいわけです。

台湾経由だとどうなるのかを調べると、今度はHISと同額になってしまいました。

やっぱり台湾の航空会社は高いんでしょう。

汚い中国の飛行機に乗るのも甘んじて受け入れないといけないのか?非国民と言われようと反日中国に加担しないといけないのかと途方に暮れていた時に、超格安でブッキング出来るサイトを見つけたのです。

その名も「ebookers」

ここで調べると、中華航空が利用できて台湾経由でバンコクまでなんと4万1千円!!!!

あるんじゃん!安いじゃん!

なんで今まで馬鹿みたいに上海に立ち寄り、愛想の悪い中国の検査官に「ライター出して!」とかタメ口を聞かれていたのかと自分にダメ出しをしたもの。

現在、台湾のホテルからこの記事を書いているのですが、チャイナエアラインは乗務員が日本語をしゃべることが出来て、本当に親切な対応。

安くて、親切で、日本語ができて、友好的で。

バンコクに行くには絶対これを利用したほうが良いですね。