タイで韓国製品が売れる理由

先日新しいスマートフォンを買いに近くのデパートに行ったのですが、なぜ韓国製品が東南アジアで売れているのかがよく解りました。

私は韓国製品を積極的に使おうとは思わないので、SONYのスマホでどれが良いのかを店員に聞いたのですが、

「サムスンにしたほうが良いですよ、こっちなら定価から10%引きです。」

「あ、いや、サムスンとかLGとか嫌いなので、SONYにしたいのですが…。」

「でもサムスンが人気です。」

「そうじゃなくて、韓国が嫌いなので買いたくないのです。」

ここまではっきり言ってやっとxperiaを売ってくれました。

多分、サムスンは価格を他の日本製の物より安く販売し、更にその店に販売報奨金を払っているのでしょう。

でなければ、わざわざ高いスマホを売らず、安い物を薦めてくる事をタイ人がするはずが無いからです。

韓国企業がよくやる開発費をかけないで、おおまかなところを模倣し、安く販売し、裁判で販売差し止めになるまでに売り切るという典型的な商法だと思いますね。

ネトウヨの様に「韓国は世界中から嫌われている。」なんてネットで調べた情報だけであの国を言いたくないので、数人のタイ人に韓国についてどう思っているのかを聞いてみました。

「韓国はタイから奪っていくだけで何も造ろうとしない。」

「韓流アイドルは好き」(タイ人女性)

「馬鹿じゃないの?あれ整形だよ。」(タイ人女性の彼氏)

なんでサムスンとか韓国製品を買うの?

「安いから、でなければiPhoneを買いたい。」

「安くなかったら欲しくない、日本製のテレビは欲しいけど高すぎる。」

とまあこんな意見を聞けました。

ひとつでも韓国に劣っている事がある時点でちょっとムカつくのですが、タイにおいて日本は韓国を引き離すことがこれからできるのでしょうか?