韓国人がタイで旭日旗を見つけて大憤慨

毎年、「今年の目標」を決めるのが恒例行事で、2015年の私の目標は「尖らない」これにしようと決めたわけです。

いっちょまえに性欲だけは強いおっさんがタイで大車輪のごとく暴れていても、我関せずを通そう、アメリカ人に「日本に原爆を落としてやったからこそ共産主義にならないで済んだんだ。」とか言われても、「はいはい、アメリカ最高!USA!USA!」と大人の対応をすると決めました。

ブログだって、当り障りのない「今日食べたもの」とか「観光地の情報」なんてものを下痢便の様に垂れ流して、無駄情報をオンエアーしてやるのだと決めたのですが、2ヶ月間全く書くことが無くなってしまいました。

まあ、普通の生活をしていればそんなに他人に何かをお届けしたい事なんて無いのが普通なんですけどね。

今回筆を執ったのは、タイでよく見られる旭日旗について書こうと思います。

まずはこの記事

旭日旗がバンコクを占領
読めない時はここ

こんな韓国人が書いた記事を見つけた。

要約すると、

・タイには軍国主義の象徴の旭日旗がたくさんある

・日本帝国主義の野望の犠牲となった東アジアの人々に対する礼儀ではない。

長い文章の割にはこの2つしか内容が無いのですが、これについて考えてみたい。

DSC_0034

旭日旗は軍国主義の象徴なのか?

私自身、何も戦時中の歴史を知らなかった小学生の頃、映画を見ると日本軍が旭日旗を持って戦うという戦争映画を見て、あまり良い印象を持っていなかったのは事実。

戦争=旭日旗というイメージが映画によって自然と植え付けられたというのは間違いなく、同様の感覚を韓国人も持っているのでしょう。

まず、旭日旗とは一体何なのかを考えてみましょう。

なぜ、今の自衛隊も旭日旗を使っているのか?韓国人が言うところの軍国主義の象徴なら使わないほうが良いのではないか?

800px-Back-shot_of_Suzunami

旭日旗はもともと日本海軍の軍旗で、武器を持っていますよ、という意味で民間の船と区別するためにこの旗を使っているだ。

日本はドイツに学ぶべきなのか?

Dco4BOJcT4uteiN_2ZvCE_2

ハーケンクロイツはナチスドイツの国旗として使用され、現在では試用を禁止されています。

ハーケンクロイツと旭日旗を混同している韓国人が多いのですが、ハーケンクロイツはナチスドイツの国旗で、旭日旗は海軍旗という点から見ると全く意味合いが違うと言えます。

では、ナチスドイツで使用されていた軍旗はどういうものかと言えば、

War_Ensign_of_Germany_1933-1935.svg

この鉄十字の紋章を使っていました。

では、現在のドイツ連邦軍の軍旗はどういうものかといえば、

400px-Bundeswehr_Kreuz.svg

はい、どうでしょうか?ナチスドイツの軍旗とシンボルデザインが一緒ですね?

つまり、韓国人が言うところの「日本はドイツに見習わなければならない」という理屈はすでに崩壊しているのです。

 

自分の感覚を押し付ける韓国人

実際に旭日旗が持つ意味合いはその程度で、軍隊旗ですよという意味合いしか無いのに、軍国主義の象徴と言っている事自体が、自分が持っているイメージを感想として言っているだけ。

ちょっと調べればこれくらいの情報はたくさん見つけることができるのですが、不利益な情報には目をつぶるのはとても馬鹿げている、むしろバカなんじゃないの?と言わざるをえないという事ですね。

IMG_0457

書きながらある韓国人を思い出しました。

その韓国人は以前太っていたらしく、ダイエットをして痩せたのだとか。

「あなた達はダイエットの辛さが分かっていない、ダイエットをするために本当に苦しい思いをしたし、耐え難い苦痛だったんだ。」

とか言っていたのですが、そこにいた全員呆れ顔、仕方ないので

「誰かに無理やり食べさせられて太ったの?違うでしょ?自分で食べて、太ったのは自分の責任じゃないの?それで他人にダイエットの辛さ云々を言うのってお門違いじゃない?」

最後までこの意味が分からなかったのですが、これが韓国人の典型なのでしょう。

 

私は全ての韓国人が馬鹿だのアフォだのチョンだのと言っているわけではありません。

中には、少数ですが、極々少数ですが良い韓国人がいることを付け加えて終わりにします。