テロリストかと疑われた

2014年6月27日

バンコクの夜の遊びといえばやっぱりディスコと言うべきなのか、皆夜も深まるとディスコに繰り出すようだ。

あんなやかましく、話もできない場所の何が面白いのか皆目検討もつかないのですが、知り合いに誘われていってみました。

入場するのにまずは300バーツを支払い、手にスタンプを押してもらうのですが、そこのセキュリティに

 

「Do you have a bom?」

 

と聞かれてしまったのです。

 

こっちは手ぶらで、しかも自他共に認めているのかはわからないのですが、悲しい笑顔の似合うナイスガイじゃないですか?どう考えてもテロリストには見えないはずなんです。

そこで、そんな好青年の私のどこをどうみたらそう見えるのかという気持ちを込めて言ってやりました。

 

「Yes!」

 

一瞬セキュリティは怪訝な顔をしましたが、

「わかってんだよお前らは持っていないだろ、ただ教えてくれ、お前らは中国人かマレーシア人かフィリピン人じゃないのか?それならお断りだ。」

タイのディスコはそういう国の人達は入れないそうです。

本当に日本人でよかった、お父さんお母さんありがとう、日本人であることはタイでテロリストとは見られないんだよ、このセキュリティも「こいつは日本のサムライだ、間違いない。」と思っているんだ。

農家の出なのですが、サムライと認められたこの優越感に浸りながらそいつにこう付け足しときました。

 

「あ、でも後ろのあいつは韓国人だよ。」

 

簡単に仲間を売るあたり私はおそらくですが、サムライではないのでしょう。

 

「別に韓国人はいい。」

 

韓国人はタイのディスコに入れるそうです。

2014年6月27日タイ生活, 気をつけたいこと