タイで海外生活実践編

好きで住んでいるわけではないのですが、なぜかタイに住み始めてしまった

日本人

日本人女の勘違いレディーファースト

更新日:

「外国人は女性を大切にしてくれて良いよね〜、日本の男はレディーファーストができないから嫌。」

 

なんて事を日本人女性から聞くことがあるのですが、全くその通りですよね、欧米では男女は平等というのが当たり前の話で、どんなにブサイクな女性でも平等な人間として扱わなければいけないのです。

ただね、言わせていただくと、レディーて言うのは単に女性という意味ではなく「貴婦人」とか「淑女」という意味があるじゃないですか?

もちろんそういう女性に対しては日本人男性も間違いなくレディーファーストをするわけですよ、確実に。

では、冒頭の女性がなぜ日本人男性からレディーファーストを受けないかと言えば、っていうか言う必要すらないかもしれませんが、レディーファーストをする価値がない女性と見られているだけの話なんです。

あなたって本当に気を使って、自分の心にフィルターをかけて言わせていただければ、容姿が中の下程度の女性じゃないですか?

本当に気を使って言っているのですが、あなたって性格だって中の下レベルじゃないですか?

 

「周りにろくな男がいないのよねー」

 

まあ、私なんて結構ズケズケ言っちゃうタイプなので、

「女は良いよね〜、自分の事を棚に上げて男の前でそんな事が言えちゃうんだからね(はぁと)」

とか面と向かってお伝えしてあげるのです。

ムッキー!とか怒っちゃうんですけど、レベルの低い女に気なんか使いませんから。

 

まず、日本のアフォな女連中がこのレディーファーストを勘違いしているのは、レディーファーストを「権利」だと勘違いしていることです。

「やってもらって当然、でも私は何もしないよ、たしかに私は人並み以下のレベルの女。だけどレディーファーストを受ける権利がある。」

とまあこんな感覚でいるのでしょう。

確かに、ミミズだって、オケラだって、あめんぼだって生きる権利があるのですから、ブサイク女にもそういう権利があって当然でしょう。

だけどね、言葉を返すようですけど、レディーファーストをするのって男性でしょ?これって男性の善意でやっていることなんだよね、別に法律で決まっているわけでもないし、絶対にやらなきゃいけないことでもない。

やってあげているんだよね。

当然の権利じゃないんだよ。

分かってんのかな?

だから日本の女はバカだとか、タイ人から股のゆるい女とか言われちゃうんじゃないの?

※追記

知り合ったオランダ人男性に、この話をすると、

「何?日本人ってレディーファーストなんてやってんの?そんなのアフォなアメリカ人だけ。」

「実際ドアを開けたり、先に歩かせて何の意味がある?」

「ドアも自分で開けられないのはバカなアメリカ女くらいのもんだよ。」

「どうして男はレディーファーストをするかって?その女とヤりたいからに決まってるよね?何の下心もなくそんな事するわけ無いじゃん。」

らしいですよ。

-日本人

Copyright© タイで海外生活実践編 , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.