ビザを取れば良いだけで何も変わっていない

タイ関連のブログや掲示板を見ていると、「ビザランはもう絶対にできない。」という希望的観測で言っている人が多くいるのですが、根拠の元となるのが海外のサイトだったり、想像だったりと日本人としてどうなんだっていう情報が本当に少ないですね。

そう言っときながら私自身観光ビザで長期滞在をしているので、ちょっと気にはかかっているんですけど、こういう事に関してはネットの情報って全く役に立たないと思っています。

という事をネット上に書いている私自身どうなんだって話なんですけどね。

まあ、別にビザがとれなくなったら別の国に行くなり日本に帰るなりすれば良いだけなので特段大慌てするような事でも無いとは思うのです。

 

私のうっすーい人間関係の中で集めた情報(ビザランに行った人の話)では、観光ビザ取得で難儀したという話を全く聞きませんし、「あれ?」っていう位今までどおりだったよという話ばかりです。

 

ビエンチャンのビザ取得についての情報ばかりなので、ペナン島でのタイ観光ビザがどうなっているのかを取得した人に聞いてみました。

 

44歳男性
観光ビザシール3枚
スタンプのみの入出国多数
前回入国時スワンナプーム空港で別室に連れて行かれ、ビザランをしないと誓約書を書いた。

ペナンのタイ領事館でツーリストダブルビザを申請するもシングルのみ発給され、問題なく再入国できたようです。

ビザランに行った友人やツアー参加者の話を聞いても全く問題ないようですし、個人で取得した人も全く問題ないようです。

銀行の残高証明はあるに越したことはないのでしょうが、必要だったとかそういう話も全く聞きませんでした。

事実日本人が入国拒否をされたという話があるのですが、よっぽどたちの悪い人としか言いようがないのが実情ではないでしょうか?

むしろそいういう人は日本に帰ったほうが良いと思うのですが…。