タイ人の白人崇拝

タイの事をネットで調べていると、こういう事をよく見る。

 

「タイ人は白人に強いあこがれを持っている。」

 

これについてとやかくいうつもりは無いのだけれど、実際のところは本当だと思う。

ただ、日本人も欧米に認められたいと、白人コンプレックス丸出しだと思う。

かくいう私も、イチローがアメリカで活躍しているのを見ると本当に日本人として誇りに思うし、外国に認められている日本人を見るとすごくうれしくなる。

XJAPANのライブDVDを見るとどうだろう?観客を抜く映像の時、ヨーロピアンの白人が必ず写っているが、これを見ると

「XJAPANは欧米でも人気があって、わざわざ日本までライブを見に来るファンもいる。」

という気持ちになる。

かく言う私もXJAPANのファンなので誇らしい気持ちになっていたが、どうもしっくりこないのがそこに欧米コンプレックスが入り交じっている事だからだろう。

欧米人がライブを見に来ている

XJAPANは海外でも人気がある

欧米コンプレックスを刺激される

XJAPANは欧米に認められているからすごいバンドだ

こういう印象操作をしているのではないだろうか?

話はそれたが、タイ人の欧米崇拝は気持ちが悪いのだ。

植民地になった国の人が、その国に対して媚を売っている様にしか見えない。

特に、白人にぶら下がっている女達を見ると、沖縄の「アメジョー」と同じ様に見えて本当に気分が悪い。

長い歴史を持ち、優れた文化を持っている国の人々がこれなのだから本当に自分の国が分かっているのか?なんて無粋だが心配になる。

 

白人優先という目に合ったことは私自身1度や2度ではないが、その度に「奴隷根性が染み付いた植民地の人間。」と私は思ってしまう。

周辺国と比べても珍しくタイは植民地支配を受けなかった国なのに、自ら植民地支配を欲しているようにしか見えないのだ。

ある人は、「タイは外からの文化に寛容だから。」とこの態度の理由を説明するが、実際はそんな事はなく、自らの国の文化を卑下し欧米の文化に擦り寄っているだけなのだ。

実際、カオサンのディスコに入り浸っているタイ人女性に話を聞くと、

「タイ人より白人の方がかっこいいから。今のタイより欧米の植民地になったほうがマシ。」

という呆れた事を言うタイ人もいた。

 

とあるタイ人男性に聞いたのだが、タイ人女性は韓国文化に傾倒していて、音楽だけではなく韓国に憧れと親近感を持っているそうだ。

そういうタイ人女性をタイ人男性は苦々しく思っているのだという。

話は逸れたが、日本人がタイで生活する上で差別とまではいかないのかもしれないが、タイは日本人が日本人として住む上で、白人たちの2番手に甘んじなければいけない国なのかもしれない。

タイ人, タイ生活