タイのコンビニで気をつけないといけないこと

タイ、特にバンコクでは日本以上にコンビニが普及していて、ちょっとあるいただけでセブン-イレブン等のコンビニを見かけます。

最近ではローソンが進出してきて、その商品の充実度やサービスの差別化で人気があり、日本人は選んでローソンに行っているようで、もしかしたら日本以上に便利なのかもしれません。

しかし、店員の接客レベルは日本のそれとは大きくかけ離れていて、テキパキ仕事をする事も無く、あくまで適当に仕事をしていてちょっといらいらするかもしれません。

それは日本でも同じような店員は少なからずいますので、何とも言いがたいところなのですがタイのコンビニではそれが普通なのでしょう。

なぜコンビニの店員はサービスが悪いのかという点について考えると、そこにはもらっている給料の額があるはずです。

日本でも、「自分はこれだけしかもらっていないからこれだけの仕事しかしない。」という人がいますが、タイではそれが顕著に現れています。

バンコクのコンビニで貰っている日給は300バーツ程度だという現実を知った時、かなり驚きました。

300バーツの金額でどうやって生活しているのかわかりませんが、その金額で日本のセブン-イレブンと同じサービスを求めることのほうが悪だと考えてしまいます。

まあ働いているのは主婦だったり学生だったりと、本業では無いのでしょうがあまりにも安すぎる賃金に心底タイの物価に比べて賃金が割に合っていないなと思ってしまうのです。

この記事のタイトルにした、「タイのコンビニで気をつけないといけないこと」それは、タイの人は日本人の様に計算が得意ではありません。

世界的に見ても瞬時に計算が出来る人なんてあまりいないようで、タイももれなく同様です。

私が何をタイで気をつけないといけないかと言うと、それは「お釣り」です。

お釣りが少ない分にはどうでも良いのですが、私がタイに来てお釣りが多かったという事が10回以上あるのです。

時には100バーツも多くお釣りをもらったこともありました。

一日300バーツ程度で働いている人が、そんなにお釣りを間違えていたら、オーナーはどうするでしょうか?

すぐクビにしますよね?そこは日本以上にシビアなはずです。

たかだかちょっとしたお金を手に入れて、やった〜とか言う日本人はいないとは思いますが、彼等の職を守ってやるためにもきちんとお釣りをくれたかどうか調べてあげるべきではないでしょうか?

貰ったお釣りが少なくないかとチェックするのは粋じゃ無いのは分かります。そうではなく、多く貰っていないかチェックしたいですね。