ゴミを拾うのは良いことだけど…

2016年1月18日

サッカーワールドカップがブラジルで開催され、日本人サポーターが試合後にスタジアムのゴミを拾っているという事が評価されているようです。

ゴミを拾っている人は本当に素晴らしい行動で、世界の人々から賞賛の声があるそうですね。

この行動に対して、議論があるようで特に多いのが

 

「清掃する人の仕事を奪っている。」

 

という事で、この意見に対して私はどうとも言えないというのが本当のところで、日本に住んでいて日本の常識を持って考えれば非難すべき意見なのですが、その国の経済状況をベースに考えると必ずしも非難できないのではないかと思います。

彼らの意見を非難している人が言っているのが、「そんな事で仕事はなくならない。」という理屈なのですが、もちろん彼らがゴミを拾っただけで現地の労働者の仕事はなくならないでしょう。

しかし、それを世界中の人が模範として同様のことをすれば必ず仕事が奪われる人が出るのは当然の事です。

「掃除がしやすくなってその時間を椅子を拭いたり別のことで使える。」

本当に日本人的な考え方で、外国でこんな意識を持った労働者などほとんどいませんし、やってはいけない事と考えられている面も確かにあります。

hjkl

全ての清掃員が職を奪われると勘違いしている人がいますが、10人でやっていた仕事を9人でできる様になるというのは本当のことです。

 

私は、ゴミを拾うという行為を賞賛するよりもまず日本人の海外での行動について考えるべきだと思うのです。

ゴミを拾っていた人たちは誰のゴミを拾っていたのでしょうか?それは間違いなく日本人サポーターが捨てていったゴミですよね?

それを見て「日本人はゴミを拾ってすばらしい。」と褒められていると思うほうがおかしいのではないでしょうか?

海外の人は、日本人の様にカテゴライズして「日本人はこうだ。」と言わない傾向があり、個人を賞賛する事が多いのですが、本当にメディアが言っている、「日本人は素晴らしい。」などと言われている事自体に懐疑的になってしまうのです。

 

日本人は素晴らしいと言われるのは本当に喜ばしいことですが、本質が間違っているのが、なぜゴミをそのままにしている人は全く非難されないのか?という事。

それは金を払っているからゴミなんて処分しなくても良いという意見を擁護しているのと同じことなのです。

 

本当に日本人の行動を評価されたいのであれば、こういう善意を持った人に任せるのではなく、日本人一人一人の行動にかかっているという事ではないでしょうか?

実際にこう言ってみても、日本人にはまだ早すぎるのです。

日本人は民度が高いなどとアレな人たちは言っていますが、それならなぜ日本の自動販売機の横からゴミ箱が無くなったか分かりますか?

大体20年くらい前には自動販売機の横には必ずゴミ箱が設置されていましたが、どんどん撤去されていきました。

それは、ジュースの自動販売機の横にあるゴミ箱は普通に考えて缶を入れるためにおいてあるのに、弁当の空殻や家庭ごみ、更には紙おむつを入れる輩が増えたため維持できないという理由で撤去していったのです。

大した民度ですよね?

 

日本人が本当に外国から尊敬される様になるためには、個人の意識がもっと高まらないとならず、ゴミを拾ってくれている人に頼って、「日本人が褒められて嬉しい。」などと言っているようではいつまで経ってもほんとうの意味で尊敬はされないのです。

 

最後に、ゴミを拾っている人に対しての非難をする人ですが、これに対してもちょっと気持ちはわかります。

 

渋谷のスクランブル交差点で馬鹿騒ぎをしたニセ日本人サポーター連中が、ゴミを拾って解散した。という事が話題になりましたが、だから何なの?と思わざるを得ません。

馬鹿騒ぎをした免罪符にそれをやったとしか思えないのです。(サッカー芸人等のボランティアという側面もある)

こういう例はいくらでもあります。

 

毎年新成人が馬鹿騒ぎをする那覇の成人式ですが、これが社会問題になって、集会後にゴミを拾っていたそうです。

 

だから何?問題にしているのは、お前らが国際通りで奇声を発しながら練り歩いている事なんだよ、ゴミを拾ったら帳消しにでもできるつもりなのか?っていう事。

連中がやっている事は、暴力団が事務所前を掃除して地域に迷惑をかけていないとアピールしているのと対して変わらない。

capture 10.16.57

 

つまり、こういう胡散臭い人間がいる為に、スタジアムでゴミを拾っている人に対して同様の感情を持ってしまうのではないでしょうか?

 

あれな人が多いのでもう一度言いますが、スタジアムでゴミを拾っている人は本当に素晴らしいことをしたと思います。

しかし、ゴミを放置してそそくさと帰っているのも同じ日本人なのです。

自国が褒められて嬉しい!とか無邪気に喜んでいる人たちは精神構造が韓国人と大して変わらないという事です。

2016年1月18日日本人