日本人に英語は必要ない

海外に旅行をしたり住んだりすると英語は必須で絶対に覚えたほうが良いという風潮が今でもありますが、私はこれに関しては完全に否定派です。

多くの場合、中学校レベルの英語さえあればどこでもやっていけます。

しかし、語学力というのはとても大切でグローバル社会になった世界では日本も多分にもれず語学力は無視できない存在になっていると今でも根強く考えられています。

実は私、日本で英会話学校の営業をした経験があり、同様の事を言って多くの受講生を入校させていたのですが、はっきり言って営業トークとして言っていただけです。

「これからは英語力がないと社会でやっていけない。」

などと嘘八百を並び立てていたのです。

自責の念から本当のことをお話すれば、英語力は多くの日本人には必要ないといえるでしょう。

 

語学力は能力だというのは真実ですが、それが実際に能力として認められているかと言えばそうでもなく、特定の人に限って必要と言えると思います。

まずはっきり言いますが、語学学校を通っただけでネイティブに近い語学力なんて絶対に身につきませんし、ビジネスで使える英語力がつくかと言えばまずムリだろうと言わざるを得ません。 

英語を喋れるとビジネスで外国人と対等に渡り合える

この様に考える人も多いかもしれませんが、例えば中国人が日本語で商談してきた時に「日本語ができるからこの人は信用できる。」
と思うでしょうか?

それと一緒で、日本人が英語を話せたとしてもそれ以上でもそれ以下でもないのです。

 

英語が喋れるとコミュニケーションがとれる

これはある意味本当の事ですが、ある意味違います。
昔働いていた会社に英語が堪能な社員がいましたが、クライアントのイギリス人から「あの人は英語は喋れるけどちょっと変な人で気持ちが悪い」とクレームを受けたことがあります。

英語が喋れる以前に人間性に問題があれば語学力が弊害になることもあるのです。

 

英語は単にコミュニケーションツールの一つであって目的を達成する為の補助要素のひとつでしかないのです。

関西人はその図々しい地域性から外国人と話す時に「イエス、ノー、ノープロブレム」で乗り切ってしまいますが、そっちの方が外国人にとっては良く、むしろ一生懸命しゃべろうとするよりも単語だけを使ってくれたほうがよほど楽で、人間関係が築けるのだそうです。

 

英語が喋れない国は低能だと思う欧米人の傲慢

日本に来た欧米人はこぞって、「日本人は英語が喋れない」と文句を言うのですが、一番の理由は欧米人がアジア人に見る差別的意識から来るものでしょう。

欧米人は自分の住みやすいようにその国を変えていこうとします。

フィリピンには英語を強要し、アフリカのベナンにはフランス語を強要してはいないですか?連中にはその国の言葉を覚えようという気はさらさらなく、自分の国の言葉を現地の人間に押し付けようとしているのです。

はっきり言えば帝国主義思想が今でも抜けていないと言えるでしょう。

 

例えば、Room to Read(ルームトゥリード)という団体です。

ジョン・ウッドというオーストラリア人が創設した自称慈善団体です。彼はマイクロソフトの役員から多額の報酬を受けていたのですが、旅行先のネパールで本がない図書館に衝撃を受け、マイクロソフトを退職後、数万冊の本を寄贈したという美談の持ち主と言われています。

この話は「奇跡体験アンビリーバボー」でも紹介されたので記憶している人も多いと思いますが、私はこの人物に反吐が出る様な感情しか芽生えませんでした。

なぜ、本を寄贈するのにネパールで集めたネパール語の本を送らず、オーストラリアで集めた英語の本を送ったのでしょうか?

つまり、こうです。

貧しい子どもたちにチャンスを与えるならネパール語を覚えるよりも英語を覚えたほうが良い。

さすが歴史も何もないオーストラリア人が考えそうなことです。

ネパールで書かれた本でしかネパールの歴史や文化を学ぶことはできませんし、外国で書かれた外国人の価値観で書かれた本を使って教育させるというのは価値観や思考を欧米人と同様にしようとしているのと何も変わらないのです。

これは文化や思想のレイプでしかないと言えるでしょう。

こういう事を深い思慮もなくやってのけるのが欧米人で、簡単にいえば偽善者と言えないでしょうか?

 

欧米人の「文化や歴史よりも今の金」という観点から日本を見てみると、日本は内需で85%をまかない、GDPも世界3位の経済大国ですのでわざわざ英語を使い欧米人に媚を売らなくてもやっていけるのです。

通訳を雇えばそれでその問題は終わりなのですから。

つまり、欧米人が見下している発展途上国の人には英語は必要かもしれませんが、日本には多くの場合必要ではないのです。