タイで運転しない方が良い人

2016年1月18日

「タイの交通マナーは最低で、ルール無視で最低だ。」

よくこんな声をタイで知り合った日本人に聞くことがあります。

私も初めてタイに来た時には、タクシーから車やバイクの走り方を見て驚愕を覚えたのは間違いありません。

しかし、実際にバイクを購入してバンコクを走ってみるとそれほど危険だと思ったことは無いのです。

あれほど怖いと思っていたバンコクの交通事情がどうしてなんとも無くなったのでしょうか?

それは、交通ルールを厳守すれば安全という考え方ではなく、周囲と同じように走っていれば問題ないという考え方があり、それらと同じようにしていればそれほど危険ではないとわかったのです。

初めてバイクに乗った時に驚くのは、逆走してくるバイクがいるという事。

「なんて運転だ、けしからん。」

そう思うのは一瞬で、すぐに慣れてしまいます。

日本でバイクで走っていればそんな事はまずありえませんので、注意力がそこにはいかないのですが、タイにいれば「逆走バイクがいるかもしれない。」という感覚にすぐなります。

この「かもしれない。」が重要なのです。

 

ウインカーをつけていないけど急に曲がるかもしれない。

左から急に曲がってくるかもしれない。

前の車が急に止まるかもしれない。

 

これって日本でも普通に言われていることですよね?いくらウィンカーをつけていてもなぜか直進してしまうような前方車っていませんでしたか?

ウィンカーをつけずにいきなり停車する車はいませんでしたか?

日本人は周囲を信用しきっているので、突然こういう車がいると本当に危険です。

日本人の多くの人の考え方は、

「だろう。」

という運転方法です。

あまりにも日本は交通ルールが厳格ですので、間違ったことはしないだろうという考え方を第一にするのです。

まずタイでは不可能ですよね?

以前バンコクで知り合った初老の日本人はこう言っていました。

「タイ人の運転は無茶苦茶で、ルールも知らない、周囲の車に配慮しない。」

「この前、右側を走るバイクの斜め後ろを走っていたら、急にそのバイクが左折をしてきて、ブレーキをかけたらこけたんだよ。タイ人の運転は屑だ。」

なんて言っていたのを思い出しました。

この人の言い分を聞いてどう思われますか?

私がこの人に思ったのは、

・なぜ他のバイクの斜め後ろを走っていたのか?わざわざ死角を走っていたのはどうしてなのか?

・タイ人がウィンカーを出さないという事や、ルールも適当に考えている事を知っていて、なぜタイ人の運転するバイクに近づいて走っていたのか?

・急ブレーキをかけたらこけたというが、Fブレーキを思いっきりかけてしまった為に転倒したの は、パニックになってそうしたはず。普通は制御の効くRブレーキをかけつつ、Fブレーキをスリップしない程度にかけるはず。つまり、運転技術が劣っているという事。

この初老日本人は、安全に運転するための技術と常識が欠落しているために事故を起こしたのです。

こういう人って、タイに限らず日本でも運転してはいけない部類に入るのではないでしょうか?

この人はこうも言っていました。

「日本は免許を取る時は自動車学校で何時間もかけて取るから運転がうまい。」

誰と比べて言っているのでしょうか?

日本人の運転も結構非道いですよね?急に曲がったり、ウィンカーを曲がる直前につけたり、携帯で話しながら走ってみたり。

まあ、まず考え方のアプローチを変えるべきなのです。

タイに来たら自分の事は自分で守らないといけない、他のタイ人がしているように流れに乗る、日本ではこうだは通用しない事を早い段階で理解する。

その初老日本人が、

「郷に入っては郷に従え。だよ」

 

なんて言葉を言っていたのですが、よく言えたもんだと今でも苦笑いしてしまいますw

最後に、こいつ絶対運転ヤバイなと思われる日本人の発言ですが、こういう輩は確実に

「タイ人は運転が下手。」

 

と言ってきます。

これは運転技術云々の話ではなく、日本だったらこうなのに、なぜタイ人はそれをしないのかという意味で、日本の交通事情を大前提に言ってくるんですね。

私に言わせれば、現地の交通の慣例にいつまでも馴染めず、文句ばかり言って、自分は悪くない、自分は正しいことをしていると思っているオッサンこそ超運転ベタと言って良いのです。

こういう輩はルールを絶対守って、「俺はルールを守っていたから悪くない。」と言いながら死んでほしいものです。

2016年1月18日タイ生活, バイクバイク