「箸の使い方が上手ですね」これを外人に聞く日本人

2017年1月28日

「日本人は責任を取る時ハラキリをするんだろ?」

時代錯誤で無教養な欧米人はこんなジョークをかましてきてムカつきますね。

ハリウッド映画もイメージだけで日本人を韓国人俳優を使って描いているのがなお一層むかつきます。

そんなかんじで欧米人も日本人の質問にむかつきを覚えているようです。

 

「箸の使い方が上手ですね。」

このお世辞がとっても欧米人は嫌らしいです。

日本人だったら親から怒られる位の箸の使い方をおべんちゃらで上手って言っているので喜んでも良いのですが欧米人にとってはムカつく対象だとか。

「箸くらい使えるわ!バカにすんな。お前らもナイフとフォークを使えるだろ?」

という感覚らしいのですが、私から言わせれば

「じゃあなんで50歳以上の欧米人は箸がうまく使えないの?」

って事になります。

実際の所、日本食がこれほどまでに世界に広まったのはこの20年ほどで、寿司なんてアメリカであればカリフォルニアとニューヨーク以外には無かったのです。

すでに寿司は日本だけの物ではなくて、世界中で食べられ、海鮮料理が基本的に嫌いな韓国人まで真似をしてレストランを作るくらいまでなりました。

それに欧米人はアジア人が箸を使う文化をさんざんバカにし、差別してきた事実もあるのです。

そんな一昔前の日本食の状況を知っている人は「箸の使い方が上手ですね。」と言ってしまうのです。

それは、単に愛想を振りまいているとか、コミュニケーションを取ろうとしているとかそういう問題ではなく、箸を絶対に使いたくないと言っていた欧米人が箸を使おうと努力している事が日本人には嬉しいのです。

なぜ日本人は箸の使い方を褒めてきたりするんだと怪訝に思う前に、自分たちがしてきたことを振り返る必要があります。

なぜこの様な事をいつも聞かれるんだろうか?不思議に思うのであれば調べれば良いのです。

どれだけ自分たちがアジアの文化、人間を見下し差別をしてきたか。

それを理解せず発言をする。欧米人がどれだけバカな連中かという事がよく分かるでしょう。

2017年1月28日バカ外人, 気をつけたいこと