CoCo壱番屋がタイで人気と言うけれど

なんかYahoo!ニュースを読んでいると、カレーのココイチが、タイで人気沸騰のワケなんて記事が飛び込んで来ました。

なんでも、「ココイチがアジアで熱い。」そうです。

この記事を書いた人はよくわかっているようで、

600円のココイチのカレーは、日本人の感覚でいえば4~5倍、「3000円くらいかけて、店に行くイメージ」だ。当然、日本と同じ価格を許容できる「海外在住の日本人」を対象にすればおのずとマーケットは限られる。しかし、安くすれば現地のローカルフードとの競合になるし、採算も取りにくい。日系外食チェーンがよく陥るジレンマだ。

私の感覚で言えば、1500円位出しているかな?ってとこですね。

高い金額を支払う時、何を期待するでしょうか?

まず料理の味云々は当然の事として、接客態度にもある一定のレベルを要求しませんか?

もちろん屋台で食べる時に接客レベルなんて求めたりはしませんが、ある程度高い金額を支払っているとなればそれなりの接客態度は求めて当然だと思います。

日本食レストランはブランド力だとかそういうところばかり注視して展開していきますが、そればかりではどうにもならないのではないかと思うわけです。

例えばタイで大規模展開している「8番らーめん」ですが、ここはタイ庶民にも食べられるような料金設定で安く美味しく食べられるのが売りです。

もちろん安い訳ですから店員のレベルは最低で、飲み物を注文しても出てくるのはラーメンが出来た後だったり、後から来た客のラーメンを先に出したりと日本人なら怒っちゃうレベルです。

ただ、「8番らーめんは安いから仕方ない。」と日本人は思うので誰も文句は言いませんが、それなら高級路線で運営しようとする冒頭のCoCo壱番屋や大戸屋は「仕方ない」は通用しなくなるはずです。

実際に私はCoCo壱番屋のメガバンナ店で男性店員に大激怒したことがあります。

会計を頼んでも無視される、やっときたかと思ったら伝票を投げつける様に目も合わさずテーブルに落とされるという目に会いました。最初にこの店に行った時には「いそがしいから仕方ないんだろうね。」と思いましたが二度目に行った時も同じ対応でした。

300バーツ近く払ってこの対応ってどうなんでしょうか?この店員が一日に稼ぐ日給と同じくらいではないでしょうか?屋台レベルもしくはもっとひどいかもしれません。

CoCo壱番屋の名誉のために言えば他の店舗でこんな対応をされたことはありません。

とても丁寧な対応をしてくれて気持ちよく食事ができた事は確かです。

ただ、こうした店員に最初に会ってしまったらどうでしょうか?

「二度とタイのCoCo壱番屋には行かない。」

とならないでしょうか?

日本のレストランで3000円も払って

「会計?はいはい、この金額だからよろしく。」

と投げて渡されたら怒りませんか?

 

日本食企業が海外進出するのは結構なことだと思いますが、味云々の前に当たり前の事を当たり前にできるレベルを現地の人に教育するという事も重要だと思うのです。

はっきり言えば、タイのココイチで200バーツも払ってカレーを食べる価値なんて全くないという事です。

CoCo壱番屋のビジネスモデルは、特別美味しい物を作るのではなく、毎日食べられる「ちょっと美味しい程度」が飽きられずリピーターを作るというものです。

特別旨くもないというのはCoCo壱番屋も言っているのに、この料金設定はおかしいと思わないのでしょうか?

並のちょっと上程度を自称している程度だという事をタイ人が分かった時、どうなるか考えたことも無いのでしょう。

良い例が大戸屋です。

弥生軒と大して内容は変わらないのに、料金は倍もするのです。

大したことない料理なのに高いというのはタイ人も分かり始めてきていて、ランチタイムでも大戸屋はガラガラで、弥生軒は常に満席。

ちょっと考えれば分かりそうなことがタイに進出してきている日本の外食産業はわからないのでしょうか?

ただ儲かりそうだから行っちゃう?みたいな展開は尻すぼみにしかならないはずです。