タイで自殺した在日韓国人

自殺大国と言われている日本は毎年2万人を超える人が自ら死を選んでいます。

欧米諸国では、日本の社会システムが自殺者を生むと考えていますが、実際には、キリスト教の様に、殺害を禁じている(自殺も同様)国は宗教的に自殺できないだけであって、日本は死ぬ自由があると言えるかもしれません。

死んだらどうなるのか、キリスト教などは地獄という観念がありますが、日本神道にはそんなものはありませんし、そもそも宗教を盲信している日本人は極僅かでしょう。

キリスト教やイスラム教はアホでも嘘だと分かる聖書やクルアーンを頑なに信じている馬鹿ばかりで、しかも自分の都合の良い解釈をして、それが主の教えとか言い始めるのです。

結局、キリスト教やらイスラム教なんて、歴史が長いだけで、矛盾だらけの新興宗教と何ら変わらないのです。

まあ、仏教もブッダはそんなこと言ってませんけど、っていう話が多いのですが、ブッダは個々の解釈を認めているので、ありといえばありです。

仏教は宗教というより哲学ですね。

まあ、そんな話はどうでも良いのですが、自殺に関して寛容な日本人でも、他人の土地でわざわざ自殺をすること無いじゃないですか。

死ぬんだったらお前の家で死ねよと言いたくなるのですが、毎月のように日本人がタイで自殺をしています。

大抵、女に金を騙し取られたか、鬱になったかどっちかです。

タイ人と接していると本当に鬱になりやすいというのは、タイに住む日本人なら誰でも知っていることですし、タイ人女に金を騙し取られている日本人がこれほどいるのに、まだ金を出そうとするバカな爺さんがいるというのも不思議なものです。

まあ、タイに来るような連中は何か問題を抱えている事が非常に多く、タイ人には「タイに住んでいる日本人と、日本に住んでいる日本人は違う」と教えている位です。

どうせ、日本に帰りたくても帰れないのでしょう。

 

韓国人が自殺した日

先に書いたように、キリスト教は自殺が禁じられていますが、韓国国民の30%がキリスト教徒なのにこの自殺率ですから、何も戒律を守っていないのでしょう。

ファッションで十字架のペンダントをぶら下げているバカとそれほどの違いはないのかもしれません。

ある日、バンコクから500kmほど離れたとある地方都市で、友人が「昔、ここで日本人が自殺をしたことがある」という話を聞きました。

借りていたアパートから転落死をしたそうなのですが、タイ人ってほら、死体に耐性があるじゃないですか。

グロ画像とか日本人は絶対嫌がるのに、タイ人は死体画像ゲットだぜ!とでも言わんばかりに収集に奔走し、それをフェイスブックとかにアップするからたまったものではありません。

例によってその友人も、転落死した日本人の画像を見せてきたのですが、彼の名字を聞いて「?」となりました。

明らかに在日韓国人が付けそうな通名ぽい名前だったので、「それ韓国人じゃない?」と聞くと、

「何かそんな事言ってた。」

パスポートを出さないといけないから日本人とは満額で言えなかったんだろうけど、日本人と誤解される様な事を言っていたらしい。

タイに住む日本人も嘘ばっかり言う連中が多いのですが、この在日も同様に、ゴールドマンサックスに勤めていたとか、そんな人間は3000Bのアパートに住まねーよとツッコミどころ満載の嘘をタイ人に話していたのだとか。

精神的にちょっとおかしかったらしいので、まあ仕方ないのでしょう。

最近になってやっとその家族が日本から来て、海に散骨しに行ったそうです。

その友人も一緒に行ったそうなのですが、船上で朝鮮人特有の大泣きが始まり、取り乱して死んだ彼の名前を叫んでいたそうです。

いやいや、そこまで泣けるんなら、何で5年も放ったらかしにしてたんだよ。

考えられる?自分の息子が死んで、灰になり、葬儀から火葬まで全部全く関係のないタイ人にやらせ、5年間全く連絡を取らず、やっと来たかと思えば、大号泣。

アホかと。

友人は、不審死の発見者として全国紙に名前が載ったそうなんだけど、明らかに疑われていたらしい。

 

自殺を考えている人たちよ、アンタたちは生きている時も周囲に迷惑をかけまくっていたんだから、死ぬときくらいきちんと死ねよと。

何を自意識過剰に飛び降り自殺とかしてんだよ。

どっか山の中に行って、自分で穴を掘って、そこで死ぬという気概を見せてほしいもんだね。

いっちょ前に自尊心とやらがあるから、人に見つかるところで死んで、その人達に見せるとか思ってんじゃないの?

はっきり言って、あんたら死んでも5秒位話題になるだけで、誰も意に介してないから。