タイで海外生活実践編

なぜかタイに住むことになった地獄の日々

仕事 日本人

現地採用という無能な日本人

更新日:

海外で働くという事は大きく2つに別れます。

日本企業の駐在員として赴任し、日本の水準で給与を得る人、もしくはその国の条件に沿って給与を得る人です。

駐在員はあくまでも日本からの出向という立場ですので、給与は日本水準で支払われ、その他にも赴任手当、現地での住居費用も支払われることが一般的で、日本と同様の待遇、もしくはそれ以上の待遇を得ることが可能です。

では、現地採用で働く社員というのはどの様なものでしょうか。

 

物価が安いからという理由でごまかされる

タイの物価は日本の1/3といわれており、年金生活者の移住支援、現地採用者を集める時に、この物価格差を利用されます。

移住支援企業や、現地採用を行っている企業は、「少ない金でもタイでは大きい」と言いたがるのですが、日本で生活する為の費用、10万円とタイで生活するための費用3万バーツが同じかという事を考えなくてはいけません。

タイで3万バーツあれば日本の30万円に相当するという触れ込みをする企業や移住支援業者がよくありますが、それはイコールではないという事はタイ在住者はよく分かっています。

実際に3万バーツで日本の30万円レベルの生活ができるかといえば、不可能と言わざるを得ません。

こういう業者や企業がよく「タイでは一食30THBで食べられる」と言い始めます。

しかし、タイの屋台で食べる30THBの料理を日本で食べるとしていくら払うでしょうか?間違いなく300円以下でしょう。そんな料理はありませんし、彼らが言うところのタイの食事は量が少なく純粋に日本の物と比較することは出来ません。

そして、クオリティー、衛生面、サービスもタイより日本の方が良いのですから、タイの方が割安だという事は全くありません。

 

物の価値とは何かを考えなくてはいけない

価格とは何でしょうか?例えば200円で売っているビールが、なぜbarで飲むと1000円近くなるのでしょうか?

そこには、そのbarで働く人の人件費や光熱費、そしてサービス料金が含まれているのです。

これほど単純な事を日本人で理解している人は少なく、すぐにぼったくりだと言い始めます。

では、それと同じクオリティーの物をタイで得るとしたらどうでしょう?間違いなくサービスは含まれていませんし、まともなサービスの恩恵に預かれる事はありません。

まず日本とタイの物価格差を考える時には、物質的な価格差だけを考えるのではなく、それに付随する物の価値を加味した上で判断しなくてはいけません。

つまり、タイと日本との物価格差はそれほど大きくないというわけです。

タイ人の考え方は、提供した料理の味やボリュームだけが価値判断基準で、それは日本では通用しないのですが、日本人の多くはそれを同等に扱って判断しようとします。それ自体が間違っているのです。

 

現地採用者は奴隷と同じ

タイで働く日本人としての報酬と言えば、月給5万バーツというのが常識です。5万バーツという金額は私にとってありえない金額ですが、彼らは喜々としてそれを受け入れています。

なぜ、そのような安い金額で働けるかと言うと、タイ人と比較しているのが大きいでしょう。

タイ人で大学卒の初任給はおよそ2万バーツ。つまり、それらと比べれば高給取りとなるという価値観です。

しかし、現地採用と言えども、あくまで日本人です。5万バーツの収入でタイ人と同様の生活レベルをして貯蓄していけば良いのですが、日本人として生活すればそんな金額で収まるわけが無く、たまに帰国するための航空運賃などの出費で結局タイ人よりもレベルの低い生活を強いられるのは当然の事です。

タイ人と同様の生活をすれば、ある程度の貯蓄をできるのかもしれませんが、その時点で現地採用を行っている日本企業が言うところの、「タイでは日本よりもゆとりある生活ができる」という事が虚偽だという事が分かるでしょう。

 

現地採用の最底辺はコールセンター

上記の様な都合の良い求人を出しているのは大概コールセンターですが、トラコスをはじめとする在タイコールセンターは、更に条件が悪く3万バーツ以下で求人をしています。

3万バーツという金額をどう思うでしょうか?

工場勤務のタイ人は1万5千THB/月、レストランやコンビニで働くスタッフは300THB/日と聞くと結構良いと思うかもしれません。実際コールセンターの求人にはその様に書かれています。

しかし、コールセンターの採用手口は最低辺のタイ人の給与と比べてという事です。

この様な給与水準で働いているタイ人は、実家から通っていますし、そうでなければルームシェアをしています。彼らと同じような生活レベルで生活できるなら良いのですが、そんな事は不可能です。

結局3万バーツ満額を毎月使い果たし、貯蓄はできず、帰国すら出来ない状態に陥り、辞めるに辞めれない状況になるのは必然です。

この様な企業が求めている人材とは、日本語さえできれば良いという非常にレベルの低いもので、はっきり言って誰でも就職できます。

その証拠に、バンコクにある最底辺の人が泊まる日本人宿にコールセンターの求人募集がはってありますので、見てみると良いでしょう。

 

 

現地採用という無能な連中

なぜタイという後進国で、わざわざ不利な条件で働きたがる人がいるのでしょうか?

彼らは色々な言い訳をします。

「海外に住んでみたかった」

「海外で働いてみたかった」

「日本の社会が自分には合わない」

「日本では自分の能力は活かせない」

いろんな事を言いたがるのですが、実際には日本でどうにもならなかった無能な人間が、海外に行けばなんとかなるだろう。タイという後進国なら、日本人というアドバンテージを活かせるだろう。と考えているだけです。

はっきり言いますが、無能はどこに行っても無能であり、ロケーションを変えたからといって、無能な人材を活かせることは無理です。

日本というイージーな社会にすら適応できなかった無能が、新天地を求めて他国の会社に行くのは非常に迷惑という事を肝に銘じなくてはいけません。

この様な無能な日本人は、ばれないと思って嘘ばかりつく傾向があります。

「自分は日本ではこうだった」「日本に不動産を持っている」「困らないくらいの貯蓄がある」

タイ人の娼婦相手にこの様な嘘をつくならまだしも、他の日本人にもこの様な嘘を平気でつきます。

彼らは無能故に、誰もこの様な嘘に気づかないと思っているのです。

 

日本人という肩書は意味が無い

もし、あなたに能力があれば、安い報酬で働く必要はありません。例えばタイ語がビジネスレベルでできる、英語ができる、何かのノウハウが有る等あればいくらでも企業と交渉ができます。

(よく、在タイ日本人で、「自分はタイ語ができる」とか偉そうに言っている輩がいますが、彼らのタイ語は、小学校低学年レベルで、とてもビジネスで使えるものではありません。)

しかし、タイで現地採用で働こうという人のほとんどは、無能だということを理解しなくてはいけません。

ただ日本人というだけです。

日本人という肩書のアドバンテージが有効だったのは30年前の話で、今では全く意味がありません。

タイで就職しようと考えている人は、まず自分にどの様な能力があるか考えてください。それがどれだけの価値が有るかを考えてください。もし、あなたに語学力、ノウハウ、経験、人脈があれば、わざわざ現地採用を受ける必要はありません。

無能であるが故、誰でもできる仕事しかできないという事を理解しなくてはいけません。

そして、日本企業も現地採用を行うのであれば、金も無いけどタイに住もうなどと考えている人間は無能しかいないという事を理解して求人募集しなくてはいけないのです。

そう考えると、コールセンターはそれを理解しているのかもしれませんね。

-仕事, 日本人

Copyright© タイで海外生活実践編 , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.