日本をダメにしたのはこいつら

日本という国は、世界でも稀に見る経済大国なのですが、近年ブラック企業という言葉が広がり、労働生産性は先進国の中で最下位という事実が知られるようになりました。

労働生産性

サービス残業が当然の様に言われ、休日出勤は社会人として当然の事などという意味の分からない価値観を持っています。

更に、低賃金で働かされ、その安い給料でプロ意識を持たされるという二重三重苦に陥っていて、中には、新たな価値観として「給料分の仕事はしている」という東南アジアの後進国の国民と同じ事を言う人が多くなりました。

これだからゆとり世代は。等とオッサンがのたまわっているのですが、実際は一番の害悪はこの国の一般常識を作り出した彼らオッサン世代です。

 

教える能力が無い二流

「仕事は盗むもの」

これは、仕事を真剣に覚えたいのであれば、教わるのではなく、自分で見て覚えなければ身にならないという事を言いたいのでしょう。

これ、本当にバカな考え方ですよね。

なぜ、この様な考えを持つのか、実際の事を言えば、上の人間がまともに仕事を教える能力が無いいからであり、万が一その下の子が自分より能力が上だった時、追い越されることを危惧しているというのが正直なところでしょう。

もう一つは、自分が蹴られたり、殴られたり苦労してやっと覚えた仕事をなぜ無条件に教えなければいけないのか?という嫉妬心もあります。

日本は職人気質という、無能を隠す都合の良い言葉があります。

私はこの職人気質という言葉や、本当の職人を卑下しているわけでは無く、二流三流の無能が一流の職人のふりをして立ち振舞っている。こういうバカな輪廻からの脱却を図らなくてはいけないという事を言いたいわけです。

 

自分の立場を守る無能な輩

職人の世界以外でも、この職人気質を利用している無能な輩は一般社会にも多くいます。

効率的に仕事をこなすには、まず一番重要なのは情報共有です。一人の経験を全社員が共有することで、全社員のスキルが上がるのは当然の事、最も簡単に社員のレベルが上がるのですが、これをしている会社は殆どありません。

日本人の気質は全体主義とか言われていますが、実際には自分の立場だけを守る事だけに注力する民族と言えるでしょう。

本当にその会社の為と考えれば、社員教育、情報共有に注力しますが、それができない、したくない無能社員はそれを利用し、自分の存在価値を上げる事だけに力の限りを尽くします。

日本と同様の工業国ドイツがなぜ1ヶ月も休暇があるのか?そんな事をすれば日本の会社は立ちゆかなくなります。なぜなら、その休暇中に対応できる社員がその人しかいないからです。

これは、その人の能力が優れているという事ではなく、その人が他の担当者を育てる事をしてこなかったからです。

しかも、これはできなかったからではなく、したく無かったというのが正直なところでしょう。自分の存在価値を上げるために、業務をわざと非効率にし、自分だけがその業務をこなせるという状況をわざと作っているのです。

 

日本社会をより良くする為の最重要項目

前述したような社会の慣例を創りだし、日本企業の生産効率を悪くしている張本人が50歳以上の無能老人達です。

年功序列という言葉に縛られ、この無能な連中をのさばらせている事が、日本をいまいちの国にしている原因です。この病巣を取り除かなければ日本社会はこの先も同じ道を進むことになるでしょう。

しかし、前述した通り、この世代は無能でも自己擁護をするのが非常に得意である為、社会構造を変えることはできません。

非効率な事しかできない無能な老人社員に会社は給料を支払っている事を忘れてはいけません。

現実的では無いのですが、この世代の無能には、定年までの給料を先払いし、早期退職をさせた方がよほど社会のためになるはずです。そのための援助を国が一部負担するというのも良いでしょう。いるだけで邪魔な存在なのですから。

しかし、70歳になっても80歳になっても、技術が優れている有能な人も中にはいます。

これらの人は国が守り、給料の補助をするのは必要な事です。無能には早期退職、有能には補助金。これで日本はまともな国に近づくでしょう。

 

中堅層も大概無能

30代や40代の世代はこの国のシステムを変えることはできませんでした。

インターネットを若い時から持つことができず、情報不足で、自分で考える事があまりできなく、新聞やニュースだけの情報で価値観を固定化してしまったのです。

例えば、中田英寿という元サッカー選手がいたのですが、彼は誰にでも敬語を使うことが無く、誰もが尊敬する三浦知良選手に対してもタメ口を使っていました。

当時は、能力主義、実力主義という言葉が頻繁に言われる時代であり、ニュース番組や雑誌でも中田英寿を持ち上げるものが非常に多かったのをよく覚えています。

「中田の様な実力のある選手は年齢の壁を壊した」

これを見たバカな連中が、実力も何もないのに「年齢は関係ない」とミスリードしてしまい、ただ無礼な連中が増えただけでした。

結局この世代は自分が有能だと勘違いするのですが、結局無能なオッサンのカーボンコピーをする他無く、何も変化のないジジイが作った慣例をなぞることしかできなかったのです。

 

ゆとり世代が日本を変える

テレビ番組を見るとPL学園野球部出身者をはじめとするプロ野球選手が、その寮生活での厳しさを面白可笑しく話しています。

いじめとも思える上下関係を赤裸々に語っているのですが、この連中は自分がされて嫌だった事、無意味に思えた事を自分の後輩にもやっていたという事実だけです。

自分が疑問に思った、自分が嫌だと思った事を更に後輩に行い、伝統という名の下にそれを続けていたのですが、これこそが日本社会の縮図でしょう。

このバカな伝統を守り続けてきた低能とも言える連中のマネをするのか、それとも自分がされて嫌だったことを撤廃するのか、改善するのかは新しい世代がしなくてはいけないことです。

ゆとり世代とバカにされている諸君、君たちと話をする機会が何度かあり、固定観念で君たちの世代はバカだと思っていたが、実際には我々世代や老人世代よりもマシ。

良いとは言わないが、マシ。これははっきり言える。

この国の30年後を変えることができるのは、若い世代だけという事を覚えておいてほしい。

同じ轍を踏み、日本をこのまま老害の巣窟にするのか、新しい価値観を創りだし、世界の人が憧れる国にするのかは君たちにかかっている。