円高になると必ず出てくるアホ

円高になれば、日本の輸出産業は打撃を食うわけですから、日本にとっては円高は好ましいことではありません。

しかし、私の様な海外生活者にとってはウェルカムな状況でもあり、日本国民がヤバイとか思っている時にウハウハなわけです。

しかし、それはある程度の資産を持っている人間だけの話で、何の貯蓄もない人にとっては大した金額では無く、何の影響も無い事の方が大きいと言えるでしょう。

こういう円相場が大きく動いた時や、株価が大きく動いた時に必ず出てくるアフォ会話があるのですが、聞くたびにうんざりしてきます。

・20代前半バンコク居酒屋勤務の若造の話

「いや〜、これだけ円高になるんだったら、全財産をタイバーツに変えておけば良かったですよ。もったいないことをしたなー。」

お前さ、観光ビザで働いてる不法就労者が金がない事くらい分かるわw日本円での貯金がいくらあるんだよ?どうせあっても数十万円程度だろ?そんなんじゃ大した差益なんて無いからw心配するなw

・バンコク勤務コールセンタースタッフの話

「なんかすごい株価が上がってるでしょ?買っとけば絶対儲かったのに、何で買わなかったんだろ?」

お前さ、2万5千バーツしか給料が無かったとか言って、右往左往してるのに、どうやったら株が買えるんだよ?

お前が買えるのは、倒産間近のボロ株だけだろ?お前に地合いは関係ないからさw

何で買わなかったとか自分で分かってるだろ?貧乏だからだよ。

 

2/11 9時現在 1ドル112円台に突入していますが、こういう貧乏馬鹿が必ず話題を出してきますので、「そうだね」と笑顔で微笑んでやり、心の中で「クソ貧乏人がお前には関係ないだろ。」と思っていましょう。
間違っても、「日本円で貯金あるの?」とか聞いてはいけませんよ。あるわけないんだからw