タイでバイクに乗る時に必要な事

なんか、タイに移住したいとか言っているオッサンが、「バンコクじゃ難しいけど、田舎に行けばバイクに乗る。」とか言っちゃってたんですが、もう迷惑だから止めろって。

日本ほど交通ルールを守る国は無く、ルールを守るのが当然と考えている人もいない。

隣の台湾なんか、マジ喧嘩みたいな運転をしていて、所詮台湾人もチャンコロなんだなって思えるはず。

タイは台湾ほど運転が荒くは無いのですが、先が読めないアホが多く、「何で今それをしようと思った?」と理解不能な運転をする人が非常に多くいます。

言ってみれば、日本にもいきがって走っているバカに遭遇したことがあると思いますが、そういう連中が普通で、ルールを守っている人というのはごく一部といえば分かるでしょうか?

タイの車はアクセルがスイッチになっていて、ONとOFFしか無いような走り方をする人が非常に多く、後ろなんて全く見ていません。

その中でバイクなんて車にとっては邪魔な存在で、無理に追い越されたりもよくします。

最近小型スクーターから大型バイクに乗り換えたのですが、それでも無理に追い越そうとされ、バイクの立場は不可触民と同じと言えるでしょう。

まあ、私がバイクで事故を起こしていないのは、ルールを守るという事を前提に走っているのではなく、タイの慣習にしたがって走っているのでなんとかなっているのです。

例えば、東南アジアと同程度の民度を持つ大阪人が、名古屋で車を走らせると、車線変更のタイミングや、ブレーキのタイミングが違って、とまどってしまうという事が往々にしてありますが、これと一緒です。

名古屋走りとか言っていますが、名古屋の人にしてみれば普通なのでそれほど危険では無いのです。

しかし、そこに大阪人の車が入った途端、周囲のバランスが崩れ、名古屋走りのハーモニーが崩れてしまうのです。

タイなんて数倍ひどいですからね、右にウィンカーを点けていても、右から追い越しますし、誰もウィンカーなんて信じてないんです。

だから、タイ人は手信号をしているのがその証拠です。

日本の常識をそのまま持ってきて、タイで走っているとあっという間に死ねますし、一番危険なのが、日本の走り方が何十年も常識として身体に染み付いた年寄りは本当に危ないのでバイクはやめた方が良いでしょう。

そして、田舎には田舎の慣例があって、それを知っておかないとやっぱり死にます。

日本人は左側を走っている時には、バイクは正面からやってこないという常識がありますので、その可能性を除外してしまいがちですが、ここはタイです。後進国です。非常に民度の低い国です。

逆走してくる車やバイクがそこら中にウヨウヨいますが、それが普通なのです。

「かもしれない」運転が日本でも必要と言われていますが、タイではそれ以上の注意が必要です。

「前の車は馬鹿かもしれない。」「後ろからくるトラックの運転手は覚醒剤をやっているかもしれない。」と日本じゃ考えもつかない事を想定しておかないとホント死ねます。

ちょっと面白い動画を見つけたので紹介しますが、これはケニアでバイクに乗るとこうなるというものです。

しかし、私は何とも思いません。なぜなら、タイでも普通の事だからです。バンコクにいたらこういう走り方をする人はあまりいませんが、田舎では普通です。

この動画を見て、まだ「田舎ならバイクに乗れる」とか思っているなら、乗ったらいいじゃん。ただ、タイ人に迷惑をかけないようにね。