クアラルンプールでビザを取るのはめんどくさい

タイのビザ情報って旬があるじゃないですか?

これだけ情勢がころころ変わる国ですし、何よりタイ人がやることですから統一した基準なんて無いも同然です。

1年前の情報なんてはっきり言って、間違いなく古すぎて使えないので、この記事も旬は1ヶ月程度と考えてください。(2015年10月)

今回、マレーシアはクアラルンプールで観光ビザを取得する事にしたのですが、クアラルンプールのタイ大使館はちょっと前回ひと悶着があったので敬遠していました。

ビジネスビザ申請の為に書類を提出したら、なんとワークパーミットを見せろとか言ってきます。

いやいや、それを取得するためにビジネスビザの申請をしているんだけど、とか言っても頑として受理しません。

結局なんだかんだあって、タイのBOIからの推薦状を提出してやっとこさビジネスビザを手に入れたわけです。

こんな対応をするのってクアラルンプールだけじゃないですか?こんなとこでビザ申請なんてやらないほうが良いですね。

今回は、ビジネスビザを失効させ(新会社設立準備中の為)観光ビザを取得しに来たのですが、前回いたムスリムくそ女はいなかったのでスムーズに行くかと思いきや、これまた非常に時間がかかってしまいました。

まず、他のサイトの情報を見ると、必要なのはパスポートと写真が1枚とありますが、行った瞬間「パスポートのコピーがいるから出直してこい。」と言われます。

他の大使館だったら建物の中にコピー屋がいたりするじゃないですか?

ここにはそんな気の利いた物はありませんので、向かいにあるホテルまで行ってコピーを取ります。

その金額なんと1リンギット。

交通量の多い道路をやっとの思いで横断し、戻って書類提出します。

例えばラオスでは、書類提出をしたらその場でチェックをして、金を払って終わりじゃないですか?

しかし、クアラルンプールは提出してから30分待たされます。

そして、あろうことか「タイに行くフライトのチケットのコピーが必要だから出直してこい。」とか言われます。

出国用のチケットじゃなくて、入国用のチケットが必要とか、何のためにビザをとってんだよと言わんばかりのクソ対応。

しかたなく、向かいのホテルに行くことになります。

今度はPDFの書類をプリントアウトするのですが、その料金は5リンギット。はっきり言って足元を見られまくっています。

そして書類を提出すると、また30分待たされて、やっと呼ばれたかと思うと、今度は「じゃあ150リンギットね。」とか言い始めます。

どんだけ値上げすれば気が済むんだと。

ここまで1時間30分かかっていますからね、待っている人なんて50人いないのに。

ビザシールを職員がパクった事件がここであったから厳重にしているのかもしれないけど、こっちは迷惑なんだよなw

タイなんて物価が安いだけで、どうしても行きたい国だとかいう人ってそれほどいないなじゃないですか?

セックスツーリストの為にある国なんだから、そこら辺自覚したほうが良いんじゃないかと思うわけですよ。

お高く止まってんじゃねーよ、いっぱしの国を気取るなってーの。

ビザを取るためにクアラルンプールを選んだら地獄を見るの巻でした。